キャリア選択 転職・退職

「なんか違う…」直感で仕事が合わないと感じた時に確認すべきこと4選

※内容にプロモーションを含みます

「なんか違う…」直感を信じて仕事を辞めていい理由

こんな方におすすめ

  • 「なんか違う…」直感で仕事が合わないと感じる…
  • 直感で仕事辞めてもいいのかな…
  • 「なんか違う…」これって仕事合わないサイン?

この記事を書いてる人

この記事を読んでわかること

  • 「なんか違う…」直感で仕事を辞める前に確認すべきこと
  • 「なんか違う…」直感を信じて仕事を辞めていい理由
  • 「なんか違う…」その直感は職場が合わないサインかもしれない
カージー
最後まで読むと、直感で仕事を辞める前に確認すべきことがわかるようになります!

「なんか違う…」その直感は職場が合わないサインかもしれない

「なんか違う…」その直感は職場が合わないサインかもしれない

働いていて突然「なんか違う…」と感じてしまうことがあります。

その時は特定の理由があるわけではなく、直感で職場が合わないと感じてしまうのです。

直感は自分の潜在的ななにかの引っ掛かりです。

その違和感は次第に大きく感じるようになり、あなたにとっての悩みと変わるかもしれません。

なのでその直感は仕事が向いてないサインである可能性が高いので、見過ごさないことが大事です。
https://job-joy-hack.com/unsuitable-for-work/

そんな人はこちらの記事も併せて読んでみましょう。

この記事であなたの直感を言葉にし、適切な導きになればと思います。

「なんか違う…」直感で仕事を辞める前に確認すべきこと

「なんか違う…」直感で仕事を辞める前に確認すべきこと

とはいえ、「なんか違う…」という直感だけで仕事を辞めるのはリスクが高いです。

  • 今は我慢する時期ではないか
  • 今の会社に何のために入ったのか
  • 次の仕事はすぐに見つかりそうか
  • 家族に相談しなくてもいいか

本当に直感で仕事を辞めるべきか、上記の5つを確認してから判断しましょう。

カージー
『道に迷って右と左どちらの道に進むか直感で決める問題』とはリスクが全く異なります!

気持ちが退職に傾いている場合は特に、判断を急いでしまい、仕事を辞めるんじゃなかったと後悔しないようにここは冷静になって確認してみましょう。

今は我慢する時期ではないか

会社によって異なりますが、人材育成には大きく分けて3つのフェーズがあります。

そのフェーズの中にはストレスが溜まりやすく、悩みやすい時期も存在します。

あなたが新入社員(1年目)の場合、我慢する時期の可能性があります。

直感は大事ですが新入社員であれば今の状態は1年我慢すれば解決できる可能性があります。

詳しく解説します。

新入社員(1年目)、若手社員(2〜3年目)、中堅社員(4〜5年目)のストレス比較図

新入社員(1年目)はストレスが最もかかる

新入社員(1年目)は新しいことばかりで1番ストレスがかかります。

仕事においても覚えることがたくさんあり、新入社員にとって最も大きなストレスと感じるでしょう。

人間関係も全くできていない中で仕事を覚えていかなければならないので、教育係のような担当がいない場合、自分から声をかけて人間関係を構築しつつ仕事を覚えるという状態になります。

そしてワークライフバランスも整っておらず、生活のリズムが合わず、大変さを感じるでしょう。

このように新入社員(1年目)は最もストレスがかかり、直感で「なんか違う」と感じてしまう可能性があります。

「なんか違う」と感じたのがこの新入社員(1年目)であれば我慢する時期である可能性が高いです。

仕事を1年耐えることで次にフェーズである若手社員へとなりますが、ストレスが少し減ります。

併せてこちらの記事も参考にしてみましょう。
https://job-joy-hack.com/endure-work/

若手社員(1〜3年目)は少し楽になる

若手社員(1〜3年目)になると多少のことは1人で仕事ができるようになり、人間関係も関係性や自分の立ち位置がわかってきます。

自分のポジションがわかってくると居心地が良く感じてきます

そしてワークライフバランスも自分でリズムを取れるようになり、多少無理をしても切り替えることができるようになります。

しかし全く楽にならないと感じる人も中にはいると思います。

2年目で仕事ができないと感じる場合、仕事のやり方に問題があるのかもしれません。

気になる人はこちらの記事も併せて読んでみましょう。
https://job-joy-hack.com/cant-work/

中堅社員(3〜5年目)は比較的ストレスが少ない

中堅社員になるとストレスは少なくなってきます。

仕事は1人でコントロールできるようになり、失敗や成功も自分の経験値として積み、仕事の楽しさがわかってきます。

人間関係においては、先輩にはベテラン社員がいるのでわからないことはほとんど聞けば解決し、後輩へ仕事を振ったりすることができ、人間関係を利用して仕事を進めることができるようになります。

うまく利用すれば仕事を効率的に進めることができますが、身勝手に利用すれば周囲からの信頼がなくなるので注意が必要です。

今の会社に何のために入ったのか

今の会社に何のために入ったのか思い出してみましょう。

今は「なんか違う」と感じているかもしれませんが、その会社に入った目的を達成するために必要な要素である場合があります。

目的を達成するために、時には遠回りしなければならない時があります。

その瞬間は「なんか違う」と感じてしまうかもしれませんが、今の会社に入った理由を思い出すことで本当に辞めるべきかがわかるようになります。

次の仕事はすぐに見つかりそうか

「なんか違う」と直感で仕事を辞める前に次の仕事はすぐに見つかりそうか考えてみましょう。

仕事を辞めてしまった場合、次の仕事が見つかるまで収入がなくなります

仕事を辞めてしまった後、お金が続かなくなるのを防ぐために急いで仕事を探すと妥協してしまい、また辞めたくなってしまうかもしれません。

なので直感で仕事を辞める判断はしても問題ないですが、すぐに辞めてしまわずに次の仕事がすぐに見つかるかを考えた上で退職時期を決めましょう。

家族に相談しなくてもいいか

もし養わなければならない家族がいる場合、パートナーや家族に相談するべきか考える必要があります。

自分だけで考えると退職したい気持ちが勝ってしまいますが、別の視点からアドバイスをもらうことで、より精度の高い判断をすることができることがあります。

なので自分1人だけで決断せずに、家族に相談しなくてもいいかしっかり考え、必要であれば相談し、判断材料を増やして後悔のないようにしましょう。

「なんか違う…」直感を信じて仕事を辞めていい理由

「なんか違う…」直感を信じて仕事を辞めていい理由

これから解説する理由6つは、1つだけでなく複数が組み合わさっている場合もあります。

感じた違和感や不満を整理し、将来のビジョンや目標と照らし合わせて、自分にとって最善の選択を検討することが大切です。

また、十分な準備と計画を立てた上で行動することも重要です。

合わない仕事を続けるのは非常にストレスを感じやすく、モチベーション維持も大変です。

合わない仕事を続けた結果どうなるか、こちらの記事にまとめてあるので併せてチェックしておきましょう。
https://job-joy-hack.com/not-suitable-for-work/

結局いつかは辞めてしまう

「なんか違う」と感じながら働き続けることは、最終的に辞める可能性があります。

仕事に対しての不満や問題は少なくし、仕事をすることで満足感を得たり、達成感を感じることで長く仕事を続けることができますが、「なんか違う」と感じながら仕事をしても満足感や達成感を感じにくいです。

結果としていつかは辞めてしまうので直感を信じてそうなる前に仕事を辞めていいのです。

ストレスを感じやすい

「なんか違う」と直感で感じてしまったのにその仕事を続けることでストレスを感じやすくなります。

直感は、自分の考え方と異なる場合に感じます。しかし会社の方針で従わなければならないと、そこにストレスを感じます。

カージー
その状態が長く続くことは心身にも悪い影響を与えます!

そんな状態は本来であればすぐにでも変えてあげる必要があるので直感は信じて問題ありません。

時間の節約になる

自分に合わない仕事に時間を費やしていると感じる場合、他の適切な機会を模索し、より有意義に時間を使うことが望ましいと感じるでしょう。

新たな挑戦や興味のある仕事にすぐに取り組むことで、時間の節約になります。

5年や10年という長い期間を無駄にしないように直感で信じて適切な行動をとることが重要です。

仕事に対するモチベーションが下がる

「なんか違う」と思いながら仕事をすると、仕事に対するモチベーションが下がります。

モチベーションを一時的に上げる方法もありますが、長期的な目線で考えるとモチベーションが上がる仕事に取り組むことで専門性も上がり、仕事の中での楽しさや喜びを見つけやすくなります

仕事の評価が上がりにくい

筆者の経験の中でモチベーションが低く楽しそうに仕事をしていない従業員で仕事の評価が高い人はいません。

これは筆者の会社で実際にそうですし、取引先や関係会社に伺った時にも従業員の顔色や働き方等をみると同じことが言えます。

結果的に「なんか違う」と感じながら評価も上がらずにただ働くこととなってしまうので直感を信じて仕事をやめるべきです。

会社に慣れてしまい辞めにくくなる

とはいえ、長く働くと自然と人間関係が構築され働くことが苦ではなくなってしまい、仕事の要領も少しずつ良くなり、楽しくはないけど毎日が難なくこなせるようになっていきます。

その結果、会社に慣れてしまい辞めにくくなってしまう場合があります。

今の時代はどの会社も人不足で困っています。
会社としては長く働いてくれてる従業員はなるべく退職してほしくないと考えるでしょう。

上司によっては、冗談で仕事を辞めないように言ってくることもあり、本気で言ってるわけではないけれど、何となく辞めにくい状態が出来上がってしまうのです。

なので「なんか違う」という直感であまり時間をかけ過ぎずに辞めることが重要になってきます。

まとめ

「なんか違う…」その直感は職場が合わないサインかもしれないです。

「なんか違う…」直感で仕事を辞める前に確認すべきことは以下の通りです。

    • 今は我慢する時期ではないか
    • この会社に何のために入ったのか
    • 次の仕事はすぐに見つかりそうか
    • 家族に相談しなくてもいいか

直感はあくまで潜在的な反応なのでその心の声を言葉にし、判断の材料とすることで冷静な決断をすることができます。

「なんか違う…」直感を信じて仕事を辞めていい理由は、

  1. 結局いつかは辞めてしまう
  2. ストレスを感じやすい
  3. 時間の節約になる
  4. 仕事に対するモチベーションが下がる
  5. 仕事の評価が上がりにくい
  6. 会社に慣れてしまい辞めにくくなる

感じた違和感や不満を整理し、将来のビジョンや目標と照らし合わせて、自分にとって最善の選択を検討することが大切です。

  • この記事を書いた人
カージー画像

カージー

仕事を楽しさをハックする情報発信中 【取得資格】図書館司書 | 中•高の教員免許 ノウフクアワード2022 水産企業では初受賞 とうほくSDGsアワード2023 優秀賞を受賞 会社経営(3社)で得た仕事を豊かにする情報を発信

おすすめ記事一覧

みんなどうやって仕事探してるの?求人の見つけ方 1

こんな方におすすめ みんなどうやって仕事探してるの?… 求人の見つけ方やコツが知りたい! 年齢別でおすすめな仕事の探し方を知りたい! この記事を読んでわかること 求人の探し方のコツ 求人の見つけ方 離 ...

ノウフクアワード授賞式で賞状を受け取る佐々木和也 2

こんな方におすすめ 水福連携ってなに? 水産業の課題への取り組みが知りたい! 水福連携の具体的な話を聞きたい… この記事を読んでわかること 水福連携とは何か 水福連携が必要な理由 水福連携に関与する行 ...

三陸ラボラトリが持続可能な開発目標(SDGs)への貢献をまとめた図 3

こんな方におすすめ SDGsの企業で行っている具体例を知りたい… 企業でSDGsに取り組みたいが、イメージが湧かない 水産業でのSDGsを詳しく知りたい! https://job-joy-hack.c ...

人手不足なのに雇わない会社で働く従業員が取るべき行動 4

こんな方におすすめ 人手不足なのに雇わないのはなんで? 人手不足で仕事がキツくなってきた… 自分の会社が人手不足だけ働き続けていいのかな… この記事を読んでわかること 人手不足なのに雇わない理由 人手 ...

経営者は【仕事ができる人はすぐわかる】経営者が感じるできる人の共通点 5

こんな方におすすめ 仕事ができる人だってすぐわかるの?… 仕事ができる人だなとわかった瞬間がしりたい! 仕事ができる人が普段意識してることってなんだろう? この記事を読んでわかること 仕事ができる人だ ...

次がないなら辞めるべきではない状態 6

こんな方におすすめ 仕事辞めたいけど次がない… 仕事辞めたけど辞めていいだろうか… 仕事辞めるためにどうしたらいいだろう… この記事を読んでわかること 次がないけど辞めるメリット・デメリット 次がなく ...

-キャリア選択, 転職・退職